NPO法人 環境維新隊BLOG

2011年09月05日

岩手県野田村村長 小田様より、お礼状をいただきました

4月、岩手県の被災地を中心に支援物資を届けた際にご挨拶させていただいた野田村村長の小田様より、環境維新隊宛にお礼状を頂戴しましたのでご報告します。

小さな活動ですが、継続の火を消さぬよう、地球環境の復興を求める団体として、被災地の復興を支援して行きたいと思います。

reijou.jpg

nodamura_reijou.pdf
posted by 環境維新隊 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 維新隊活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

三菱自動車さんの電気自動車!!

立教大学二年、環境維新隊メンバーの岡山です。
先日の8月25日に、三菱自動車さんへ電気自動車の試乗とお話を聞きに行きましたぴかぴか(新しい)

学生を中心とした「プロジェクトY」で今年初めての企業訪問先ですexclamation&question

乗った電気自動車は「iMiEV」という車種です。
DSC03520.JPG
エンジン音などはなく静かで、またスムーズに走るので乗りやすかったです車(セダン)
電気自動車ですから、環境にも良いです!!! 
R0020336.jpg
試乗した後には電気自動車について色々とお話を伺い、質問にも沢山答えて頂きましたわーい(嬉しい顔)

別な日には、本社にCSR活動の事などお話を聞きに行く予定となっています。

参加したい方など随時募集しています!!
posted by 環境維新隊 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 維新隊活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

GHP祭'12の日程決定

2009年から始まった「GHP祭=ゴミが減るじゃんプロジェクト祭」の開催日が改めて決定しました。
※肉牛および野菜の出荷停止の影響の為、9月に予定していたイベントを2012年3月に延期しました。

当日は電力の一部をバイオディーゼルで賄うことで代替エネルギーについての可能性を考え、産直広場としてブースを開放するとともに「東京から出来る復興支援」の可能性を模索します。 また会場内において、岩手県一関市の団体「たびれっじ推進協議会」と連携をとり、3月時点での復興状況をアナウンスをすることで被災地復興の状況をリアルにお伝えする予定です。
そして、「GHP」の観点から、不特定多数に向けた紙チラシを使わずにイベントを行い、その資金をもとにボランティアを被災地に派遣しようと考えています。
※当日の出店に関する詳細は下記の資料をご覧下さい。
GHP'12企画書(PDF)
GHP出展・出店概要

【後援】公益社団法人 日本ユネスコ協会
【協力】東武鉄道
【エネルギー協賛】バイオマス・ジャパン(株)

【募集内訳】特別協賛企業(一社)、被災地関連企業・団体(三十社)、一般関連企業(二十社)、NPOなど環境・復興支援団体(五社) ※被災地関連企業・団体のブース費用を無料にするため、一般企業から参加費をご寄付いただきます。イベントの費用内訳は後日、ホームページで公開します。

説明会のおしらせ
日時:毎週金曜 19:00〜20:00 ※20:00以後交流会(軽食付 1000円)
場所:環境維新隊事務局 東京都新宿区西新宿4-40-5-1202
※選考後、早い者勝ちで出店を決定していきます

http://ishintai.org/pc/img/GHP0324.jpg
posted by 環境維新隊 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 維新隊活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

環境団体のリーダーとして、どんな理由があろうとも戦争には反対だと声を上げます

【NATO国防相会議 カダフィ氏退陣まで攻撃 “戦後計画”は英仏主導】

環境維新隊として、ではなく環境団体のリーダーとして書きます。

日本では今年、311の大震災によって沢山の"いのち"が奪われています。

当然環境破壊も甚大なものがある。

復興するためにも、優先すべきは経済発展なのかもしれない。


でもどんな大義名分を訴えても、戦争や略奪行為(挑発含めて)を行えば、沢山の環境破壊がつきまといます。

日本との距離なんて関係ない。


環境破壊がつきまとう戦争行為は、裏を返せば爆弾の使用期限前に使い切り、予算を獲得する不毛な経済活動にしか見えません。


本当に環境を憂いているからこそ、NATOの行為にも、カダフィの反撃にも反対します。

新渡戸稲造の心こそ、世界の人間は知るべきですよ。本当に。


個人的に書いてみました。
posted by 環境維新隊 at 11:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 環境維新隊代表 濱松 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

【学生必見!】企業CSRを調べて企業訪問! 2011年度プロジェクト6(シックス)メンバー募集!

ご存知の通り環境維新隊は3R(Reduce+Reuse+Recycle)+R(Rethink)を推奨する環境団体なのですが、事業の柱の一つに学生主体の事業【プロジェクトY】を掲げており、2011年度取材チームメンバーを本日から各説明会に対し、20名限定で募集します。

プロジェクトYとは、力の分散しがちな環境活動をより集約するために企業CSRに着目、学生主動の取材チームを作ることで学生/企業/環境維新隊それぞれにとっての参加メリットを作る恊働事業です。

就職活動時にも大変有利な実績を作ることの出来る活動ですので、積極的な学生は是非ご参加下さい。

下記資料をDL後、ご一読いただければ幸いです。

http://ishintai.org/pc/pdf/project6_info2011.pdf(819kb)

ご予約は info@ishintai.org まで、大変申し訳ありませんが、事務所の関係上各回20名までの先着順となります。
ご予約時のメールには
件名:プロジェクトY説明会参加希望
内容:お名前、学校名と学年、希望日
を明記の上、ご応募ください。
必ずご返信させていただきます。

プロジェクトY2011年度説明会
日時:2011年6月13日(月),6月20日(月)
時間:19:30〜20:30
料金:無料
内容:事業説明及び取材希望企業のヒアリングなど
人数:各回20名限定(先着順:予約制 info@ishintai.org )
会場:環境維新隊 東京都新宿区西新宿4−40−5西新宿ビューハイツ1202
実績:株式会社伊藤園、株式会社オーシャナイズ、株式会社キリンビール、富士ゼロックス株式会社、ブラザー工業株式会社

以上、宜しくお願いします。
posted by 環境維新隊 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 維新隊活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

岩手県野田村・田老・山田村・大槌に支援物資を届けて来ました

ATESAKI.jpg

前回のご案内でもお伝えしましたが、4月3日から7日まで種目を限定して支援物資を集めたところ、写真の通り沢山の支援物資が集まりました。

メールまずはじめにこの場を借りて、御礼申し上げます。
わーい(嬉しい顔)本当に皆さんのお陰です。

商品を集めるための倉庫も、運搬のためのトラックも、そのための経費も全くめどが立たないうちに声かけをして始めたこの企画ですが、わずか2日で倉庫はスタッフ剛君の友達○●君が、3トントラックは鷲宮の音響屋さんイーグルサウンドのKさんが、経費のカンパや商品は沢山の人がご協力してくれたため9日朝4時半には岩手県に向けて出発、11日朝4時に無事帰って来ることが出来ました。皆さんの善意が形になったことが実感出来た数日間でしたね。
53.jpg
軽油もある程度、食事もカップ麺を持って行きましたよ。状況次第では必要ですからね。

IMG_2825.jpg
8日はこんな感じで、新宿中央公園にて物資を集めていました。
通りすがりの方も沢山、物資を持って来てくれましたよ。手(チョキ)

25.jpg
そして直接現地に行ってみて感じたことですが、役場などにはなんだかんだ支援物資が届いている印象を受けたので、公言していた野田村役場や田老のグリーンピア、山田町の他に個人的な居住地やその他施設などにもいろいろ届けて来ました。
行ってみないとわからないこと、沢山ありますね。

直接物資を運ぶと、物資の少ない地域の人は特に嬉しそうな笑顔で迎えてくれました。

13.jpg
釜石にて
18.jpg
田老近くの小本温泉にて
23.jpg
田老しあわせ牧場にて
05.jpg
野田村役場にて リヤカー提供:トーホー工業
07.jpg
同野田村役場にて トイレットペーパー100箱提供:日本家庭紙工業会
09.jpg
野田村村長小田祐士さんと
37.jpg
山田町役場にて
34.jpg
同山田町役場にて
R0018555.jpg
大槌町被災地にて

しかし、街を走ってみると本当にまだまだ行方不明者の方が埋まっていそうな地域だらけなので、大変心が痛みました。言葉が出ない、まさにそんな感じ。
10.jpg

39.jpg

46.jpg

49.jpg

48.jpg

今後の復興にはお金だけでなく継続した支援が必要だと思うので、また状況が整えば岩手は勿論、その他地域にも行かないとなと考えています。

やらない偽善より、やる偽善を私は選びますよ。

今後も皆さんのご協力のほど、宜しくお願いします。

環境維新隊 代表 濱松 敏廣

PS:以下経費計算書及び領収書を公開します。

カンパ総額\47000
経費総額 \45801

残金 \1199
※額が小さいので、赤十字への募金はもう少し溜まってから、まとめて致します。

syuusi_0411.jpg

1.jpg

2.jpg

3.jpg
posted by 環境維新隊 at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 維新隊活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

環境団体としてもできること:被災地へ直接物資を運んできます

早いものでもう新年度。
先日はエイプリルフールだったので「放射線 四月入って 消えちゃった」とか幼稚な川柳でも書いてやろうと思ったとたんに、なんかせつなくなっちゃって書くのをやめた、理事長のハママツです。

皆さんごきげんよう。

先日、本業の関係で山口県に追加撮影のために4日ほどいたのですが、揺れない+放射線の値をあまり気にせず済む+緊急地震速報の音に過敏にならずに済む、と言うだけでも十分落ち着けるんだなと思いました。程度の差こそあれ、東京も立派な被災地だなと思った瞬間です。皆さんも頑張り過ぎない方がいいかもしれません。気をつけて下さいね。

さて、ここでもご紹介致しましたが、去年私は自転車とリヤカーで日本一周をしながら日本各地の皆様にお世話になってきました。

2010年11月14日「岩手県へ」

2010年11月15日「やはり東北は厳しい」

2010年11月16日「宮古へ」

2010年11月17日「しあわせってなんだっけ」


震災関連のニュースを見ていると世界中から義捐金が集まり、日本中から支援物資が届いているようですが、現地の方に連絡すると震災直後にボランティア規制をかけたことや、流通の受け皿が壊滅状態になった影響で、なんだかんだ避難所に物資が行き渡っていないという状態のようです。
しかも食料品に関しては、折角の善意が無駄になったものもあるとのこと。

これはもちろん、様々な手続きの問題や労働力の問題もあるかと思いますが、だからと言って環境団体としてこのまま黙っているわけにはいかないだろう、と思い現地の方と調整して直接支援物資を届けにいこう、と言うことになりました。

本日の日記は、そのご協力をお願いするものです。

hanami2011.jpg

今回は先方からの要望で

「トイレットペーパー」
※4月5日、200箱(9600ロール/約2トン)日本家庭紙工業会様の無償提供が決まりましたので、以下のものでご協力を引き続きお願いします(4/5)

「ティッシュペーパー」

「紙おむつ」

「生理用品」

腐ることのないこの4品目に限定して物資を届けて参りたいと思います。
皆様に出来るレベルで結構です。ご協力いただけると幸いです。

4月7日(木)までに必着で、下記住所まで送って下さい。

〒174-0063 東京都板橋区前野町6-3-9 3F NPO法人環境維新隊 宛て

tel: 090 2173 5160 (担当:櫻井)

※時間指定:午後以後

※4月8日以降に到着したものは、受付ができませんので、ご注意下さい。

あわせて、4t以上トラック(運転手はOK)の車両協賛及びガソリン代協賛もしくはカンパも募集しています。



ちなみに地元有志のご協力により、4月9・10日に岩手県九戸郡野田村と宮古市田老町に行く予定です。

皆様の想いを手渡すところをしっかりと写真に収めてきますので、もし会社単位でご協力いただけるようでしたら、企業名が分かるように梱包された形でお送り下さい。

※メッセージと物品の名前がわかるよう、数量なども同梱してくれると助かります。




また、4月8日(金)の夜19:30から、第二金曜恒例の「維新の集いSP 夜桜の会」を新宿中央公園にて開催します。



当日は併せて支援物資とガソリン代カンパ、メッセージも受け付けておりますので、ご持参下さい。

ご協力のほど宜しくお願いします。


posted by 環境維新隊 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 維新隊活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

メールマガジン リニューアル!

秋ではないはずなのに、お米が美味い!つい食べ過ぎてしまう理事長・ハママツです。

皆さん、ごきげんよう。


本業が大忙しではありますが、今日も元気に弊社事務所を開放しAu会を予定通り開催しますよ。

皆さんお気軽にお越し下さいね。

さてそう言えば!

やる気満々な私、その決意も含めてAu会の案内などに利用しようとメルマガもリニューアルしました。

毎週、とは言わないけど、気まぐれに書いてみようと思います。

維新の集いSPの募集もそちらでかけますので、興味のある方は是非ご登録お願いします。

L(゚▽゚L) ナハナハ

環境維新隊メルマガ登録フォーム

posted by 環境維新隊 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

他人のせいにしても、何も変わらないと思うからこそ、私はやります

ご報告が大変遅くなりましたが2010年の5月1日から12月19日までの233日間、私は電動自転車にリヤカーをつけて47都道府県を旅して参りました。勿論、一度も東京には戻らずに、です。
松蔭神社.jpg
※松陰神社(山口 萩)にて 詳しくはこちら


なぜ、そんなことをしたのかですって?


だって、世間を騒がせているニュースが政治にせよ経済にせよ、暗い話だらけじゃないですか。もうやだ〜(悲しい顔)

国民の財産と安全を守ることが仕事のはずの政治家が今や、自分たちの選挙民のための代議士になってしまう今日の日本では、一般庶民である我々がなにかを期待することなんて出来なくなってしまうことに、我慢が出来なくなったと言うか・・・。むかっ(怒り)

それから環境の問題も同じことが言えると思うんですけど、「価値感のデジタル化=0か1か?=勝ちか負けか?=必要か不必要か?=YesかNoか?」みたいな社会的傾向って欧米化が進んだ現れでしかなくて、日本人の体質的にどうなんだろう、みんながみんな自信を無くしてしまいがちな世の中だからこそ「日本人が曖昧であることは、相手を思いやるが所以だ」って誰かが胸を張って主張すべきじゃないかな、と思うようになったのですよ。それを確かめるために、旅に出たんです。

するとやっぱりと言うか当然と言うか、各地でいろんな風景を見て、美味しいものを食べて、人情に触れて、イヤな思いもして、だからこそ日本人が捨てつつある文化的側面の良さを素直に感じることが出来ました。
IMG_1351.jpg
※各地で受けた取材映像のいくつかを許可のもと、こちらにアップしています。

それにはまず、今や残飯排出国世界一になってしまった恥ずべき事実に目を向けて、「いただきます」と言う言葉は何に対して言っているのか考え直し、最近の大人が教えなくなった「先人の教え」を「感じとること」が大事だと思うのです。

そしてそれをせっかくですから、私が築いた全国のネットワークと共に還元し、環境をテーマに、みんなを繋げていきたいと思うようになりました。


幸いにも環境維新隊は以前からGHP(ゴミが減るじゃんプロジェクト)と言うものを推進していますし、今後の我々の活動にもつなげられるよう、世代を越えたいろいろなジャンルの方たちと交流会を持ちたいと思います。

手始めに、毎週金曜日の19時半から(2月4日は除く)、私が経営している会社(株式会社 MACH2:東京都新宿区西新宿4−40−5西新宿ビューハイツ1202)を解放し、学生や社会人との交流の場としながら環境維新隊とはなんぞや、説明していきたいと思います。

名付けて「Au会」。金の元素記号と英雄と言う言葉をかけているのですが、「世の中、なにかおかしいから、自分もなにかしてみたい」って言う人は特に大歓迎ですよ。(笑)
※ちなみに私は宗教的なものも、政治的なものもありません。信念はありますよ、勿論。

詳しくはBLOGトップのカレンダーにスケジュールやルールが掲載されていますので、興味のある方は是非気軽にいらしてください。限定20人です。
※Au会のスペシャルバージョン「維新の集い」(毎週第二金曜開催)は、3月から一般解放します。
posted by 環境維新隊 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境維新隊代表 濱松 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。