NPO法人 環境維新隊BLOG

2009年06月04日

維新の蔵が無事終了しました!

DSCN1151.jpg

GHP祭に引き続き、新橋特設会場で行われた【維新の蔵】が無事終了しました。

埼玉は新座にある引越業者(株)渡辺運輸さんの協力の下、引越時に出る家具を引き取り、実験的にリサイクル品として激安販売をしたのですが、やはり良いものはどんどん売れるんですね。
お陰様で経費をまかなえるくらいの売り上げが出ました。
ありがとうございました。

巷ではエコポイントの活用によるグリーン家電普及促進に向けたキャンペーンをしているようですが、そもそも私は「エコ」と言う言葉が商業主義的に使われ続けている現状を非常に危惧しています。
(私にとって人間と自然は共存が前提ですから、消費そのものを否定している訳ではありません)

せっかくの良心が消費されない為にも、エコと言う名のマーケット理論で誤魔化される社会システムには警鐘を鳴らす必要がある、と考えているのです。

青臭いことを言っているように聞こえるかもしれませんが、GHP祭や維新の蔵を現実に開催しただけでも、本を読んでいるだけでは感じることの出来なかった企業や行政側のエコ理論を感じることが出来、また他にも様々な事実を感じることが出来ました。

gomi.jpg
そもそも私がこの「維新の蔵」を始めたいと思ったきっかけも、写真のような不法投棄を見るうちに、「家電リサイクル法に問題があるんじゃないのか?」と思うようになったからでした。

例えば、まだまだ綺麗で使えるのに、家電リサイクル法の関係で処分に困って投棄されてしまう冷蔵庫や洗濯機について考えてみれば、リサイクル券を購入しての処分をするとなると、大体5000円から10000円くらいの費用がかかってしまいます。

運搬費や人件費などがかかるのですから、当然と言えば当然の金額かもしれませんが、誰もがその費用を浮かせたいと考えるのは致し方ないことです。

だからと言って「エコ家電を新品で買えば、引き取りも兼ねてくれるから云々。」と言うのは景気対策としての目先の効果はあっても、「エコ」と言う本来の言葉から外れる法律を作っておいて何を言ってるんだ?と思うんですよね。

あまりクローズアップされない事実ですが、その費用を浮かすことを前提に暗躍する闇業者がいることにメスを入れられない状況を無視し続けるのは「ゴミが減るじゃんプロジェクト」の精神からしても間違っていると思うし、それを含めて「RETHINK」する土壌作りが改めて大事だと思いました。

書き始めるといろんな想いが交錯するからか、少々とっちからかった内容になってしまいましたが、また改めてイベントに対するレポートも書きたいと思っています。

ひとまず今回もお陰様で沢山のことが勉強ができました。
ありがとうございます。

濱松 拝


posted by 環境維新隊 at 21:07| Comment(4) | TrackBack(1) | 維新隊活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに「その場しのぎ」の対応としか思えませんね。
長期的な計画をせず、身のまわりの整理だけ。
「法」って何なんでしょうね??
Posted by ハゲマツ at 2009年06月08日 10:36
政治家は「国家百年の計」を論ずるべきであると思うのですが、当選する為に耳障りの良い言葉ばかり言ってますよね。

そもそも業界へのゴマすりのようなこの法律は、すごーく安直に作られた匂いを感じますよね。

Posted by ハマ at 2009年06月11日 08:56
先日家電3つ(洗濯機、PCモニター、プリンター)を処分したのですが、
リサイクル法とやらのおかげで処分費用が¥9520と大分いい値段が付いてしまいました!
しかも、洗濯機はどこどこ、モニターはどこどこ・・・など別々の場所に連絡をとって引き取ってもらわなければならず、なかなかしんどいものがありました。
正直言って、街をうろうろ軽トラで走っている粗大ごみ業者は信用ならないのですが(上の写真のように)、お金も手間もかかる処分は考えものですよね。
国としての理念に基づいて手間をかける、というのは仕方ないですが、その場しのぎの法で国民が振り回されるのは、ホント、いい迷惑ですよね!
いけないことだけど、道に放置したくなる気持ちもわかります。
Posted by ちゃんこ at 2009年06月12日 00:06
>ちゃんこ 様

書き込みありがとうございます。ご返事遅くなりました。

その場しのぎの法だらけになってしまう原因をこそ、なんとかしなくてはなりませんよね。

簡単に言えば、そう言う地味な問題解決に向けた活動を例え議員がしたとしても、応援する地場の有力者がその問題に興味を持っていない場合、「票に繫がらない」事実がありますしね。
(個人的には選挙区制度に問題があるのではないか?と。)

私も環境問題に取り組みながら世直しをしたいと本気で思っているので活動をしていますが、「こんな汚れ仕事、誰か見ていてくれてるんかいな?」と思うことは正直あります。

でもいつも「それでもやるヤツが(政治の世界に)少ないからこんな世の中になったんだから、せめて自分くらいは・・・!」と思うようにしているんですよね。
そして少なくとも、そんな熱い想いを持つメンバーを集い、維新隊を組織化することは出来ました。

政治に期待出来ない時代からこそ、一人一人が声を上げられる場所を増やして行きたい。

環境維新隊が推進する「RETHINK」は、環境きっかけで社会を変えていこうと言う想いの表れですので、今後もお力をお貸し頂けると幸いです。

ご意見ありがとうございました。
Posted by ハマ at 2009年07月02日 10:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

NPOブログ記事の読み比べ評価!: リサイクル/リユース by Good↑or Bad↓
Excerpt: 「リサイクル/リユース」に関する社会貢献活動で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してくださ..
Weblog: NPOブログ記事の読み比べ評価!(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2009-06-09 08:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。