NPO法人 環境維新隊BLOG

2011年01月25日

他人のせいにしても、何も変わらないと思うからこそ、私はやります

ご報告が大変遅くなりましたが2010年の5月1日から12月19日までの233日間、私は電動自転車にリヤカーをつけて47都道府県を旅して参りました。勿論、一度も東京には戻らずに、です。
松蔭神社.jpg
※松陰神社(山口 萩)にて 詳しくはこちら


なぜ、そんなことをしたのかですって?


だって、世間を騒がせているニュースが政治にせよ経済にせよ、暗い話だらけじゃないですか。もうやだ〜(悲しい顔)

国民の財産と安全を守ることが仕事のはずの政治家が今や、自分たちの選挙民のための代議士になってしまう今日の日本では、一般庶民である我々がなにかを期待することなんて出来なくなってしまうことに、我慢が出来なくなったと言うか・・・。むかっ(怒り)

それから環境の問題も同じことが言えると思うんですけど、「価値感のデジタル化=0か1か?=勝ちか負けか?=必要か不必要か?=YesかNoか?」みたいな社会的傾向って欧米化が進んだ現れでしかなくて、日本人の体質的にどうなんだろう、みんながみんな自信を無くしてしまいがちな世の中だからこそ「日本人が曖昧であることは、相手を思いやるが所以だ」って誰かが胸を張って主張すべきじゃないかな、と思うようになったのですよ。それを確かめるために、旅に出たんです。

するとやっぱりと言うか当然と言うか、各地でいろんな風景を見て、美味しいものを食べて、人情に触れて、イヤな思いもして、だからこそ日本人が捨てつつある文化的側面の良さを素直に感じることが出来ました。
IMG_1351.jpg
※各地で受けた取材映像のいくつかを許可のもと、こちらにアップしています。

それにはまず、今や残飯排出国世界一になってしまった恥ずべき事実に目を向けて、「いただきます」と言う言葉は何に対して言っているのか考え直し、最近の大人が教えなくなった「先人の教え」を「感じとること」が大事だと思うのです。

そしてそれをせっかくですから、私が築いた全国のネットワークと共に還元し、環境をテーマに、みんなを繋げていきたいと思うようになりました。


幸いにも環境維新隊は以前からGHP(ゴミが減るじゃんプロジェクト)と言うものを推進していますし、今後の我々の活動にもつなげられるよう、世代を越えたいろいろなジャンルの方たちと交流会を持ちたいと思います。

手始めに、毎週金曜日の19時半から(2月4日は除く)、私が経営している会社(株式会社 MACH2:東京都新宿区西新宿4−40−5西新宿ビューハイツ1202)を解放し、学生や社会人との交流の場としながら環境維新隊とはなんぞや、説明していきたいと思います。

名付けて「Au会」。金の元素記号と英雄と言う言葉をかけているのですが、「世の中、なにかおかしいから、自分もなにかしてみたい」って言う人は特に大歓迎ですよ。(笑)
※ちなみに私は宗教的なものも、政治的なものもありません。信念はありますよ、勿論。

詳しくはBLOGトップのカレンダーにスケジュールやルールが掲載されていますので、興味のある方は是非気軽にいらしてください。限定20人です。
※Au会のスペシャルバージョン「維新の集い」(毎週第二金曜開催)は、3月から一般解放します。
posted by 環境維新隊 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境維新隊代表 濱松 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。