NPO法人 環境維新隊BLOG

2009年08月30日

「BBQuestion?」を開催します!

BBQuestion?
〜エコってなんだろう?〜

環境維新隊が「BBQuestion?」を開催します!
BBQ_ishintai.jpg
■概要
「エコって本当はなんだろう?」
そんなQuestionについて考えながらBBQをしませんか?
エコについて多くの人と食事をしながら考え直してみるのが地球のための第一歩!
当日は豪華商品つきエコクイズも開催!

■日時
8月30日(日)
午前11:30集合、受付開始
正午スタート
※雨天決行

■場所
多摩川河川敷
集合場所は「和泉多摩川駅」(小田急線)です!

■料金
一般・学生 3500円
会員 2500円
小学生 1000円
小学生未満 無料
その場で環境維新隊の会員になってくださった方も2500円です!
また、当日コップ、皿、箸をご持参の方はさらに500円引き!


僕はもともと環境問題等に興味はあまりありませんでした。
しかし環境維新隊員として活動をするうちに生活のいろんな場面でいろんなことの環境への影響などを考えるようになりましたし、なんとなくもらっていたレジ袋なども不要の場合は使わなくなりました。

知識不足だったり意識が及ばないこともありますが、「環境」という側面からものを考えるようになっただけで大きな変化だと思っています。


「エコってなーに?」
いまや様々な場面で登場する「エコ」というものを話題に一緒にBBQしませんか?

エコの本質を探るだとか、環境付加の検証などではなく素直な意見やイメージを喋りながらみんなでBBQをする。
そんなことが地球環境のための第一歩な気がします。

BBQ楽しいしね!
もちろん話題を縛るわけではありません!
単にBBQしたい方も大歓迎!
というか僕もまずBBQ楽しみたいです 笑

ご興味を持たれた方ぜひご来場ください!

さんじょー
posted by 環境維新隊 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 維新隊活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

先日の静岡地震で停止した、東京に住む我々にも身近な原発

はじめに断わっておこうと思いますが、環境維新隊として原発の是非を巡って争うつもりはありません。
ただ原発は調べれば調べるほど、既得権を巡った怪しい力があるのは事実だと思うし、国民の大多数がそれを知らないのは問題だとは思う。

繰り返し述べますが、私が環境維新隊を始めた根本的な想いは「平和」へのアクトです。
そしてミクロな活動でゴミ問題を扱うことに決めたのも、数ある環境プロジェクトの中でも常に結果を考えながら行動する分、内部矛盾(エコ・プロジェクトは活動自体がエコじゃないとも言われがち)が生まれにくく、かつ誰もがすぐに参加しやすい活動だと思ったからです。

ただご存じの通り環境問題は多岐にわたる要因が考えられる為、今回の問題を取り上げるのも悪くないかな、と思った次第です。

ですが念の為、以降書くことは環境維新隊理事長としてではなく、濱松個人が思ったことと断わりをつけた上で綴るつもりです。
※原子力問題はいろいろとありますので、ネ。

--------------------------

さて。

最近東京では東海地震を予期させるような中度の地震(3or4)が頻発しています。
そして8月11日午前5時7分に起こった静岡の地震では、東京にある我が家の小物でさえ軽く倒れるほどの揺れだった為、「静岡にある原発って、なんの被害もないのかな?」と言う軽い気持ちでネットを調べたのです。

すると改めて、いろんなものが見えてきました。

まず地震発生時、目を覚ました私は二度寝をし、その後2時間後くらいに起きてすぐ本業である音楽制作がらみの仕事を始めました。

お昼を食べ、「そう言えば、朝の地震の情報ってどれくらい出てるんだろう?」と気になって調べた時、細かい被害状況はまだ報道されておらず、その代りに見つけたのがここ、「設計者からの諫言『浜岡原発は制御不能になる』」と言う、原発設計に携わったと言う方が書かれたらしい、2005年4月の記事。

記事中のご意見板に同日の14時19分に書き込みをしている「松阪 大好」って言うのは私なんですが、その後リアクションないところを見ると、推測になりますが筆者である林さんは当時のやり場のない怒りをここに綴るしかなかったんでんしょうね。。。

「WEBの情報なんてあてにならん!」と言う方もいるだろうけど、もし書かれていたことが事実なら・・・、そう思いながら、静岡地震をきっかけに浜岡原発絡みのニュースをチェックするようになりました。

その後中部電力が発表したプレスリリースは当初、他原発事故同様「外部への放射能の影響はありません」と言うものでしたが、しかし、先日21日の毎日新聞(くらいしか報道していないのもなぜ?って感じですが)の記事によると、やはりと言うかなんと言うか、放射性物質ヨウ素131が排ガスを通って放出されたとのこと。

それを受けて中部電力もやっと、運転情報を発表したのですが、おかしなことに中部電力側の見解は「地震との直接関係は」否定しているのです。
(専門家じゃなくとも、その見解はおかしいだろと言いたい)

皆さんも中越地震による柏崎原発の事故は記憶に新しいと思いますが、その事故でデータの改ざんがされたことについては、一部の人を除いて、あまり知られていないことですよね?
そして、それはみんなの生活をおびやかしているにも関わらず、年金問題や日本郵政の払い下げ問題のように、お金が絡んでいる実感がない為か(?)、その責任者を糾弾しようと言う報道も風潮もありません。

あの事故でも間違いなく報道規制がかかっていましたので、国民の大多数がリアリティを感じないのも仕方ないことかもしれませんが、政権交代が叫ばれている今、目の前の「税金」やら「年金」やらばかりを争点に争っている政治に踊らされてしまうと言うのは、正直問題があるような気がしています。

それはなにも原発問題に限ったことではありませんが、環境問題を考えると言うことは一事が万事「平和問題」につながり、またリンクしていると思うからこそ、看過すべきじゃないことには声を上げるのです。

活断層だらけで、こんなにも狭い我が国日本ですら原子力発電所が55基もあること、そして2009年現在その供給電力はおよそ全体の3割強に抑えることで様々なロジックを用意し、そしてそれが透けて見えてしまうこと。

住み良い社会になることを心から願っている分、より多くの人が環境問題をきっかけに社会生活をも「RETHINK」して欲しいなと思いました。

gen.jpg
想像力こそ、人間に与えられた特権です。
(写真は柏崎原発事故時の写真)

濱松
posted by 環境維新隊 at 12:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

「ひまわりスマイルフォトコンテスト」〜紙チラシを使わずに1000人集めるプロジェクト vol.2〜 終了!

banner_440_160.jpg
皆様のご協力のもと、15日をもちまして『「ひまわりスマイルフォトコンテスト」〜紙チラシを使わずに1000人集めるプロジェクト vol.2〜』のコンテスト応募を締め切りました。

お蔭様で訪問者実数6338人、ページビュー数10173人を集めることが出来、イベント終了後にはゴミになりがちな紙媒体に頼らずとも、集客が可能であると言うデータを『「ゴミが減るじゃんプロジェクト GHP祭’09」〜紙チラシを使わずに1000人集めるプロジェクト vol.1〜』に引き続き、集めることが出来ました。(※1)
ありがとうございました。

参考アクセス数)
access.jpg
プレゼントの審査方法ですが、今後一次審査を環境維新隊幹部で15枚を選考し、先日ご案内した8月30日に予定している環境維新隊presents「BBQuestion 〜エコってなんだろう?〜」バーベキュー会場にて、一般参加者にも参加して頂きながら最終選考致します。
選考結果はデータをスキャニングし、9月1日にアップいたしますので皆さん、今しばらくお待ち下さい。

さて、折角ですのでこのイベントを始めた動機について書こうと思います。

皆さんご存知の通り環境問題は複雑な要素が絡み合い、学者さえもさまざまな学説をふりかざしながら他者を罵り、そしていがみあっています。 しかし私は環境問題の一番の原因は、人間同士の争いにこそあると考えています。戦争や軍拡による環境破壊は勿論、地球環境を守りたいと思っている人同士が疑い、罵りあう状況では「地球を守ろう」と言う意識は分散してしまい、結局のところ市民の力が発揮できずに終わってしまうのではないでしょうか?
(怪しい人が多いのは事実ですが・・・)

8月15日に応募を締め切ったのも、そんな風潮に歯止めをかけたい想いからでした。政治や行政に期待出来ないのであれば、市民レベルから意識を高めていかなければならない。先人たちから我々が学ぶべき教訓は、「地球環境」を考えた時こそ、リンクしているのだと思います。

だからこそ、我々環境維新隊はマクロの活動で平和を求め、ミクロの活動ではゴミ問題にターゲットを絞ることで活動の具体化を図り、相互理解を促しています。その為に4R(RETHINK+3R)を提案し続けている団体だとご理解下さい。

また、環境維新隊では今後もさまざまな企画を用意しており、志の高い方の参加を随時募集しています。企業や行政との直接交渉を通じて、沢山の人たちに喜んでもらえる社会をともに作りましょう。

今後も環境維新隊を宜しくお願いします。
環境維新隊 理事長 濱松 敏廣

※1 環境問題を扱うからこそ、宣伝方法を多少狭めてでも紙媒体による環境負荷を減らす方法を模索しています。紙媒体を消費すること自体を否定している訳ではありません。
posted by 環境維新隊 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 維新隊活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

ひまわりスマイルフォトコンテスト

環境維新隊が「ひまわりスマイルフォトコンテスト」と
題した企画を実施中。

ひまわりと写っている写真を投稿するイベント。

商品が20万円相当と豪華にもかかわらず
応募がまだまだ少ないなので当たる確率高そうですよ(笑)

---------------------------------------
イベント名:ひまわりスマイルフォトコンテスト

■応募締切:2009年8月15日送付分まで

■応募条件:ひまわりと一緒に撮った「あなたの笑顔写真」もしくは「大切な方の笑顔写真」

■応募方法:post-himawariphoto@blog.seesaa.jp に上記の写真を送付してください。
 送信の際に写真は添付し、件名に「ニックネーム」、本文に「エピソード」を記入ください。
※個人情報を書いて送信しないでください。
※写真は、運営事務局で確認後一週間ほどで特集ページに掲載されます。

■結果発表:9月1日
※大賞・副賞の方には、写真の送信元アドレスにご連絡いたします。

■賞品概要:大賞(1名):PENTAX K20D(本体) + 17-70mm F4(レンズKIT)
 副賞(1名):FinePix F200EXR(ブラック)
 特別賞(3名):環境維新隊特製箸袋

詳しくはこちら。
http://himawariphoto.seesaa.net/

---------------------------------------
posted by 環境維新隊 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 維新隊活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

「デザイン+環境+自転車」のイベント

『Biketop2009』と題した「デザイン+環境+自転車」のイベントが
下記の期間で実施されるみたいです。(入場無料)

■メインイベント
7/18〜7/20 会場:国際連合大学中庭
■サテライトイベント
7/18〜7/25 会場:地球環境パートナーシッププラザ

▼詳細はこちら
『Biketop2009』

内容を抜粋しますと
---------------- ここから ----------------
:重要なエコロジーとは、ものを「大切に使う」という意識を持つことではないか?というアプローチで自転車を通して考えるイベントです。
それが、LCAを考察することや、CO2の削減へと繋がるものと考えます。メイン会場にて、様々な自転車に触れ、楽しみ、サテライト会場にて、環境問題やエネルギー問題へ有効な手段として見直されてきている自転車の潜在能力と、実際は大量の放置自転車の処分に追われているという問題等や、大使館による海外の事例の紹介などを含めた展示、捨てられた物の価値を再確認するワークショップ等を行います。
楽しみながらデザインと環境の関係性について考え、デザインの可能性を考察することのできるイベントです。
---------------- ここまで ----------------

環境について考えるときにそれ以外のエッセンスを加える(や乗じる)などの
加工をすることは多くの人を巻き込める点で優位性が高いな〜と思います。

各国大使館も共催してますので世界的にもこのような視点で取り組むことが非常に重要かと。

環境維新隊も引き続き頑張ります!

田中大司

poster.jpg
posted by 環境維新隊 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 維新隊PICK UP! 環境イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

わ・り・ば・し

「い・ろ・は・す」的な感じで「わ・り・ば・し」

だいぶ前から飲食店であまり割り箸を見かけません。

やはりエコブームだからなのか、どこか一店舗割り箸の使用をやめたら、他の店舗も 知らんぷーり というわけにはいきません。



割り箸の使用に関しても当然賛否両論あるかと思います。
「単純に木材の無駄だ」という人もいれば「間伐材を使っているから問題ないし、間伐は必要なことだ」という人もいる。

実際ケースばいケースでしょう。両方正しい。

そこに関しては、もちろん森林伐採につながるような木の無駄遣いはしてほしくないし、間伐が必要であれば必要なようにして、そこから必要な分の割り箸が作ることが望ましいかと思います。
割り箸便利だし。



でも、細菌ちがう最近、気になるのはもともとの木の問題もそうですが、その廃棄です。


一本の割り箸を捨てる時に焼却するとしてそのエネルギー。

割り箸でない普通の箸を使い、洗う。その水の使用量やらまたそれを浄化するエネルギーやら、洗剤を使った場合の環境負荷など。

どっちの方がよくないんでしょうか。


そういうことも考えてからじゃないと答えは出せないし、どんどん考えを膨らませればどんどん問題は複雑になる。


できるならちゃんと検証してみたい。
できるのだろうか。


さんじょー
posted by 環境維新隊 at 01:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 維新隊活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

い・ろ・は・す

こんばんは。学生部さんじょーです。

コカ・コーラさんの新商品に「い・ろ・は・す」という水がある。

なにやらエコらしい。
ペットボトルがすげー軽量化されてて少ない樹脂で作っているのだそう。


先日、僕も買ってみました。








超楽しい。

なにがそんな楽しいかって、あのCMでやってるベコベコって感じの行為です。
要はペットボトル潰しです。


僕は手癖が悪いので、すぐ缶を潰したり、おしぼりアートに試んでみたりしてしまいます。

だからか、わからないが、ベコベコベコベコべこ超楽しかった。
潰しては復活させ潰しては復活させ・・・てな感じでした。

あのCM見たら一度はベコベコしたくなりますよね?



確購買者がエコに興味がなかったり、どうエコか知らなくても、なんかベコベコ楽しそうってことで買う。

それって、維新隊の切り口に近い!


僕たちも、楽しい・嬉しい・お得だというような切り口からエコにつながる活動を目指しています。

企業の場合は、最終目標は利益をあげることでしょうし、同じとは言えませんが、発想は近い気がします。

本当にエコなものであればそういった切り口から流行ってくれるのは嬉しいですし。



そして、

い・ろ・は・す

名前がなんかよい。


さんじょー
posted by 環境維新隊 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 維新隊PICK UP! 環境ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

「エコ・コンビニ みやこスタイル」の取組みについて

京都市役所本庁舎に開設された、「エコ」をテーマにしたコンビニ
『エコ・コンビニ みやこスタイル』 が6月23日から3ヶ月間試験的に営業を実施しています。

▼京都市のリリース
京都市役所庁舎に「エコ・コンビニ みやこスタイル」がオープン!!

缶やペットボトル飲料を一切置かず、お客様が持参したマイボトルに
清涼飲料水やコーヒーを1杯(250ml)50円で販売するという。
また、レジ袋や割りばしも提供しないという取り組みです。


下記に詳細の様子がアップされています。

▼地域環境デザイン研究所ecotoneの事務局BLOG
http://blog.canpan.info/ecotone/archive/152
http://blog.canpan.info/ecotone/archive/148

これぞまさしく以前から環境維新隊が提案していることを
いち早く実現していただいた素晴らしい取組みだと実感しています!

京都議定書などエコについての求心力が強い、さすが京都だと思います。
もっともっと全国にこのような考え方を広めていきたいですね。


田中大司


posted by 環境維新隊 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 維新隊PICK UP! 環境ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

ひまわりスマイルフォトコンテスト特設サイト公開!

header.jpg

ひまわりスマイルフォトコンテスト特設サイトを公開しました!今回のサブタイトルは勿論、「紙チラシを使わずに1000人集めるプロジェクトvol.2」です!

seesaaBLOGトップページでも取り上げられています。
沢山のご応募、お待ちしております。

ひまわりの力で地球の未来を明るくしていきましょう!

◆応募期間
2009年7月1日〜8月15日まで

◆応募条件
ひまわりと一緒に撮った「あなたのセルフポートレート」もしくは「大切な方の笑顔の写真」

◆応募方法
post-himawariphoto@blog.seesaa.jp より投稿してください。
送信の際に写真は添付し、Subject(件名)に「ニックネーム」、本文に「エピソード」を記入ください。
個人情報を書いて送信しないでください。
※写真は、運営事務局で確認後一週間ほどで、特集ページに掲載されます。

◆結果発表
9月1日
大賞・副賞の方には、写真の送信元アドレスにご連絡いたします。必ず正しいアドレスで送信を行ってください。

◆賞品概要
大賞(1名):PENTAX K20D(本体) + 17-70mm F4(レンズKIT)
副賞(1名):FinePix F200EXR(ブラック)
特別賞(3名):環境維新隊特製箸袋
posted by 環境維新隊 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 維新隊活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

【デジタル一眼レフカメラが当たる!】ひまわりスマイルフォトコンテストの情報をついにアップ!

himawari_A4.jpg
※QRコードが上手く読み取れない場合は、サイドバーにあるバナーをクリックし、PDFファイルの読み込みをお試し下さい。

池袋西口公園にて大成功を収めた環境啓発イベント「ゴミが減るじゃんプロジェクト GHP祭'09」に引き続き、NPO法人 環境維新隊がお届けするハッピーイベント第二弾!「ひまわりスマイルフォトコンテスト」の情報をついに公開致します!

※環境維新隊は「打倒!温暖化」を目標に、誰もが得をする社会作りの実現の為に活動しています。

【応募期間】
2009年7月1日〜8月15日
【応募条件】
大切な人の笑顔とひまわりを写真に収め、デジタルデータ(携帯写真も可)でご送付してください。お一人につき、三枚までエントリーできます。勿論、年齢、性別、写っている人数等の制約はありません。
※但し、他人の著作権、肖像権を侵害するような行為が行われた場合、それに関するトラブルの責任は一切負いかねます。

【景品】
大賞 PENTAX K20D+17−70mm F4(1名)
副賞 FUJIFILM FINEPIX F200 EXR(1名)
特別賞 環境維新隊特製箸袋(3名)
 
【結果発表】
9月1日特設サイトにて発表いたします。

posted by 環境維新隊 at 08:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 維新隊活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。